風俗越谷THE出走

  • 投稿者 : 木畑克巳
  • 2014年4月16日 12:13 AM

「警察は、僕がカジノで大損をしたこともつかんでいる」「大損って何のこと?どのくらいの損なの?」リチャードは深々とため息をついた。「かなり・かなり多額の損なんだ。警察は。その件で事情聴取をしたいと言っている」キャンディは目を細めておすすめのデリヘル女を見つめた。そしてかがみこむと、リチャードに抵抗する隙を与えずにおすすめのデリヘル女の膝から紙袋をひったくった。リチャードは奪い返そうと手を伸ばしたが、その腕はすぐにだらりと膝の上に落ちた。キャンディは紙袋を開け、中をのぞいた。初めは困惑したような顔をしたが、やがて怒りに燃えた目を上げてリチャードをにらみつけた。「あなたのロレックス。それにこれは金庫にしまっておいた私の宝石類」キャンディは言った。「リチャード。私の大事な宝石をつまらない紙袋に入れて、いったい何をしようというの?」「金が必要なんだよ。それも緊急に」「あら、嘘よ・嘘だわ。私の宝石を売ることはないでしょう、リチャード。風俗 越谷にある何を馬鹿なことを。お金ならたくさんあるじゃないの。株か何かを売りなさいよ」リチャードは落ち着かない目を上げてキャンディを見た。ドミニク・ヴァニーズは、豊かな香りを漂わせる黄金色のパンが製パン店のバンから下ろされ、おすすめのデリヘル女のレストランの厨房へ運びこまれる様子を、好ましげな目で見守った。誘惑に負け、食パンの隅をつまみとり、さくさくした皮ときめの詰んだもつちりとした中身を心ゆくまで味わった。一方では越谷かどうかは「ところでフィオナ」ヴァニーズは、ジーンズに製パン店の名前入りのエプロンを着けた、愛らしい女性が最後のケースを運びこみ、荷台のドアを閉めるのを待って声をかけた。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。